読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

macの購入について アマゾンや価格コムで新

macの購入について アマゾンや価格コムで新品で少し安く買えますが、 あれは1年保証はついているのでしょうか? ヨドバシやアップルストアで買わないと 1年保証はなく30日までしか保証しないとかありますか?

Macのサポートは正規品ならどこのお店で購入しても同じ内容でアップル社が直接行ないます。修理が必要な場合は購入店ではなく、アップル社のサポートセンタに自分で連絡します。 新品は1年保証です。 1年保証が終了するまでの間にアップル社のAppleCareという延長保証制度に加入するとさらに2年延長されて合計3年保証になります。どこのお店で買っても条件は同じです。

日商簿記2級(工業)について質問させてください。 予定消費単価と実際消費単価が違っていた場合、その差異を材料消費価格差異にし、材料から加減する……とのことなのですが、予定消費単価を元にした仕訳はどのタイミングで行うのでしょうか? 毎日の仕訳で予定消費単価を元にして、使った分を材料から仕掛品に振り替えておくのかな?と思ったのですが、 テキストの例題で、『当月、直接材料として80枚消費した。なお予定消費単価は@100円である』と当月分まとめて処理しているので毎日記入するわけでは無さそうですし、月末に処理するならはじめから、実際消費単価を元に計算すれば、そもそも差異は発生しないのでは……?と思い、矛盾を感じております。 なんとなく気になって質問させていただきました。 ご指導いた�

��けますと幸いです。

工業簿記は月次決算ですから、月末に消費価格差異を計算します。月末に実際消費が出るならそれでいいのですが、そういうことにはならないのです。 材料の仕入単価もその都度まちまちですし、その消費量も不定なので予定単価に頼らなければなりません。